DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携モジュール 販売開始のお知らせ


PCからスマートデバイスまでシームレスな暗号化を実現する

DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携モジュール販売開始のお知らせ

2013年10月17日
株式会社ネスコ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、株式会社ネスコ(東京都港区、代表取締役社長:曽我 祐二郎 Tel:03-5462-8511)は機密情報ファイル保護・管理システム「DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携モジュール」の販売を開始いたします。
今回はDataClasysによって暗号化されたファイルをスマートフォンおよびタブレットをはじめとするスマートデバイスでも利用したいというお客様のご要望に沿った画期的な機能を提供いたします。
「DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携モジュール」により、機密情報を社外でも安全にかつ手軽に利用することを可能にします。安全性と利便性の両立を実現いたします。
スマートデバイスを会社が貸与するだけでなく、私物のスマートフォンを仕事で使うことを公認する動き、いわゆる「BYOD」(Bring Your Own Device)の普及も進みつつあり、今後益々個人情報はもとより営業情報や技術情報を安全に取扱うための仕組みが求められます。弊社はこうしたニーズにも的確に応えられるよう製品機能の充実を図っていく所存です。

詳細は下記「DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携の概要」をご参照ください。

以 上

【DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携の概要】

■オフライン機能とスマートデバイスへの対応について
DataClasysでは、社外などサーバと通信できない所でPCを使用する場合でも、社内と同様の制御下で暗号化ファイルを利用できます。
また利用期間、利用PCの制限によりさらに安全な運用も可能です。
今回発売する「DataClasys(データクレシス)-スマートデバイス連携モジュール」により、DataClasysで暗号化・管理している機密ファイルをスマートデバイスでもPC同様にオフライン下においてシームレスかつセキュアに利用することができるようになります。同モジュールは株式会社Core(東京都豊島区)の「S-Cube」を利用し、株式会社ウィップス(神奈川県藤沢市)の技術協力を得て開発・提供いたします。

■スマートデバイス連携フォルダ機能
DataClasysは、PC用にファイルを暗号化する自動暗号化機能に加え、新たに「スマートデバイス連携フォルダ」機能を提供します。
ファイルサーバに「スマートデバイス連携フォルダ」を設定し、そこに通常のファイルもしくはDataClasysで暗号化されたファイルを保存することで、スマートデバイスに自動的に転送され、秘密分散法を用いて分割・暗号化されて保存されます。
ファイルを公開したいグループごとに「スマートデバイス連携フォルダ」を作成することで、必要な相手(例えば管理職)だけに機密ファイルの利用を許可することができます。
標準構成ではPDF、画像(JPEG, TIFF, PNG, GIF)、テキストファイルを対象としていますが、「PDF変換モジュール」を利用することで、Microsoft Office、その他の文書(DocuWorks、一太郎など)は自動的にPDFファイルに変換され、スマートデバイス用の暗号化ファイルとして利用することが可能になります。

■スマートデバイスでの暗号化ファイルについて
スマートデバイス内では全てのデータは分割・暗号化され、利用可能なファイルとしては存在せず、専用アプリケーションでしか開くことができないために、ファイルとして漏洩することはありません。
データはファイルサーバ側と同期しスマートデバイス内に予め取得しておけるので、回線が繋がらない場所でもファイルの利用が可能です。
ファイルへの閲覧期間や場所(GPS座標)の指定、遠隔操作でのスマートデバイス上のファイルの追加・更新・削除が可能です。
管理者はスマートデバイス上で利用されたファイルの履歴(ユーザ、ファイル名、利用端末、同期日時など)を取得可能です。

■DataClasysについて
DataClasysは、ファイルを暗号化・制御・管理する、DRM(Digital Rights Management)製品です。DataClasysはWindows に独自のドライバを組み込み、ファイルシステムやAPIをOSレベルで制御することにより、アプリケーションやファイルタイプを問わず、あらゆる機密情報ファイルに対する操作をコントロールすることを可能にした先進的な製品です。
アプリケーションを制御するために組込みを行ったり、暗号化する際に暗号化すべきファイルの拡張子を登録したりする従来のファイル暗号化システムに比べ、制御対象となるアプリケーションの実行ファイルを登録するだけで、多様なWindowsアプリケーションを容易に制御することができます。
Microsoft Office、PDFはもちろん、DTP、動画などのマルチメディア系ソフト、CADソフト、エンジニアリング系ソフトに至るほとんどのWindowsアプリケーションを制御し、それらが対象とするファイルを暗号化・制御・管理することができます。
特定のグループや職位ごとに、閲覧・更新・ファイル出力・印刷・スクリーンショット・ クリップボード出力・メール添付などの操作を禁止するなど細やかな制御が可能です。

■適用マーケット
・様々な業種で
各種製造業、設計会社、設備メンテナンス企業、金融、投資運用会社、システム開発会社、情報通信会社、広告代理店、人材派遣会社、商社、小売業、製薬会社、医療機関、地方自治体、教育機関、研究所など
・様々な部門で
事務・管理・営業部門だけでなく製造・設計・建設・設備保全など
・様々な種類の情報を
個人情報、図面、お客様のお預かりデータ、得意先データなどの各種機密情報など

■売上目標
・初年度:400万円×50件=2億円
・次年度:500万円×100件=5億円

■動作環境
スマートデバイス連携モジュール
・スマートデバイス
Android 4.0
Android 4.1/4.2/4.3
(※iOS 2014年初旬対応予定)

・S-Cubeサーバ
Red HatまたはCent OS

DataClasys
・クライアントPC
Windows XP(32bit)
Windows Vista(32/64bit)
Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
注)フォルダ用にドライバ無し版でインストールする場合は上記に加え、Windows Server 2003/2003 R2、Windows Server 2008/2008 R2、Windows Server 2012で動作可能です。

・DataClasysサーバ
Windows Server 2003(32/64bit)/2003 R2(32/64bit)
Windows Server 2008(32/64bit)/2008 R2(64bit)
Windows Server 2012(64bit)
Red Hat Enterprise Linux ES 4(32bit)
Red Hat Enterprise Linux AS 4(32bit)

■製品販売開始予定日
2013年11月1日

※本記載内容は現時点のものです。販売開始時には内容が異なっている場合があります。

■会社概要
会社名:株式会社ネスコ
(英語表記:NESCO CO.,LTD.)
ホームページ:http://www.nesco.co.jp/
本社:〒108-0075 東京都港区港南1-8-27 日新ビル4F
TEL:03-5462-8511  FAX:03-5462-8510
代表取締役:曽我 祐二郎
設立:1975年11月12日
資本金:2億7000万円
事業内容:1975年の創業以来、システムコンサルティング、アプリケーションソフト開発からインフラ構築に至るまで幅広い分野で事業を展開しています。近年は、セキュリティ分野に進出し、報企業や行政の情報漏洩防止に尽力しております。特にファイル保護・管理システム「DataClasys(データクレシス)」はオフィス情報からCADデータまであらゆる情報の暗号化を実現できるため、各分野から注目を集めています。

会社名:株式会社Core(読み方:コア)
(英語表記:Core corporation)
ホームページ:http://www.core-corp.co.jp/
所在地:〒171-0051 東京都豊島区長崎3-10-3
TEL:03-3957-1502   FAX:03-3973-4452
代表取締役:大塚 裕章
設立:2009年7月1日
資本金:22百万円
事業内容:BtoB分野における革新的ソフトウェア技術を常に追求する株式会社Core(本社:東京都豊島区、代表取締役 大塚裕章 http://www.core-corp.co.jp/)は、企業のスマートデバイス利用における企業情報漏洩の防止および業務生産性向上のためのプラットフォーム製品「S-Cube (エス・キューブ)」の提供により、人と情報をセキュアかつシームレスにつなげる新しいワークスタイルの実現と新たな付加価値を提供します。

会社名:株式会社 ウィップス
(英語表記:Wips corporation)
ホームページ:http://www.wips.co.jp/
本社:〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢572-7
TEL: 0466-50-0288 FAX 0466-50-0377
代表取締役:宮澤 裕之
設立:平成5年4月13日
資本金:20百万円
事業内容:永年に渡り携帯キャリア向けのインターネット・サーバ(メール/ウエッブ/メールアドレス管理/DNS等)の構築に携わると共に、オープンソース・ベースのメールシステム(QIOSS)の開発・販売を行ってきました。この知識と経験を元に新しいモバイル・ソリューションの提供を目指しています。また、S-Cubeの開発・販売パートナーとして、S-Cube関連ソフト製品の開発・販売・サービス提供及びSI業務などを行っています。

Mobile Viewer リーフレット

This entry was posted in 最新情報. Bookmark the permalink.