DataClasys(ver5)バージョンアップのお知らせ


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 この度、株式会社ネプロジャパン(東京都中央区、代表取締役社長:金井 孟 Tel:03-6803-3970)はDataClasys(データクレシス)Version5のバージョンアップをおこないます。
大手証券会社や陸上自衛隊、通販会社などの情報漏えいのニュースが続いています。特に、最近の情報漏えい事件ではアクセス権限者からの漏えいという課題がクローズアップされています。また、一方、新型インフルエンザ、パンデミック対策として新たなセキュリティ対策も求められています。自宅待機となった要員にも業務をさせざるを得ない状況も視野にいれた対策が求められています。従来はセキュリティ対策として全面的なリモートアクセスの禁止、持ち出し禁止をしている企業がありますが、今後は自宅などでも安全に業務を遂行できる新たな対策が必要という課題がでてきています。
DataClasysでは、ファイルは暗号化されたまま利用でき、ファイルがどこにあっても権限管理されます。更に更新、印刷、文書内容のコピーなどの利用権限を許可、禁止できるため、重要ファイルの利用者といえども設定されたポリシー内でしかファイルを利用できません。また、持ち出しされてもDataClasysサーバに接続して認証されないかぎりファイルを開くことができません。したがって、アクセス権限者からの漏えいも防止でき、自宅等での作業中にファイルが流出しても暗号化・権限管理されているため、情報漏えいを防止します。

今回のバージョンアップにより、下記の機能が追加されました。

  • スクリーンショット禁止、許可権限の実装
  • キーボートのPrintScreenキーを押すことにより画面の全部もしくは一部を画像ソフトなどに貼り付けることを禁止、許可できるようになりました。

  • 暗号ファイルのメールへの添付禁止、許可権限の実装
  • 暗号ファイル自体のメール添付の禁止、許可を権限として設定可能です。

  • アイコン表示の改訂
  • DataClasysサーバ、マネージャクライアント、ユーザクライアントで使用するアイコンが見やすくなりました。

  • Windows7対応
  • Windows7に対応しました。

==動作環境==
Microsoft社Windows 2000 Professional SP4
Microsoft社Windows XP SP2 SP2
Microsoft社Windows Vista
Microsoft社Windows 7

==製品価格==
オープン価格
==製品提供開始日==
2009年9月10日

【Data Clasysについて】

Data Clasysは独自の暗号化・鍵配信技術とファイル制御技術を駆使し、企業や行政の電子ファイルの 情報漏えいや情報流出を防止します。Data Clasysでは、暗号化ファイルに対してユーザーへの付与された 利用権限により、更新/閲覧/印刷/コピーなど様々な機密文書管理、情報漏えい対策を行う事が可能 です。
また、所属組織や職位による権限管理が行えるため、異動や昇格、退職などにも迅速に柔軟な対応を することができます。
なお、権限のある場合は暗号化されたままでの電子ファイル更新はもちろん、外部ファイルリンク、マクロ 等によるファイル操作、全文検索などは通常操作のまま行う事が可能であり、現状のファイル操作について の利便性を低下させることがありません。
不正競争防止法における営業機密保護、内部統制、ISMS、プライバシーマークなどの情報セキュリティ 認証基準適用などに対応したファイルの内部管理を実現します。

This entry was posted in 最新情報. Bookmark the permalink.