第14回情報セキュリティEXPO春にてDataClasys、Mobile Viewer及びP-Pointerを出展します


dl17_ist_logo_ja

※当イベントは終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

2017年5月10日(水) ~ 2017年5月12日(金)「東京ビッグサイト」にて開催されます
「2017 Japan IT Week【春】 内 第14回情報セキュリティEXPO春」
におきまして弊社は、ファイル暗号化製品「DataClasys(データクレシス)」と
個人情報検出製品「P-Pointer(ピーポインター)」を出展する運びとなりました。

DataClasysはファイル形式に依存せず、
文書ファイルや画像、動画、各種2次元・3次元CADファイルを含め
あらゆるファイルを暗号化したままの状態で、利用可能な製品です。
そのため、不正プログラムや操作ミス等により機密ファイルが外部に渡ってしまったとしても
第三者には解読することができません。

また、各ファイル単位での暗号化や機密レベルの設定等、多彩な機能を搭載しているDataClasysは
様々な運用形態に柔軟に対応することが可能な点も特長の一つです。

さらに、アララ株式会社のP-Pointerと連携することにより、
P-Pointerで個人情報やマイナンバーを検出してDataClasysで暗号化するといった
理想的な運用が可能となります。

今回、「P-Pointer File Security(ピーポインターファイルセキュリティ)」との
連携デモンストレーションも御覧頂けます。

【DataClasysで実現出来る事(一例)】
・“改正個人情報保護法”に向けたマイナンバー、個人情報漏洩対策をしたい。
・昨今騒がれている“標的型攻撃”への対策を検討している。
・情報は守りたいが、複雑な運用形態にはしたくない。
・社員には、特別な操作等なく暗号化を意識することなく使わせたい。
・ファイルの利用項目を部署ごとに分けたい。

【展示会詳細情報】

■イベント   第14回情報セキュリティEXPO春

■開催日時   2017年5月10日(水) ~ 2017年5月12日(金)
           10:00 ‐ 18:00 (12日のみ17時まで)

■会  場    東京ビッグサイト

■ブース番号  東42-14

■主  催   リードエグジビションジャパン株式会社

■内  容   DataClasys(データクレシス)の活用事例のご紹介
          P-Pointer(ピーポインター)の連携事例のご紹介

※尚、展示会への来場には「招待券請求(無料)」が必要となります。
セミナーのお申込はこちらから⇒セミナー事前申込

ご多忙中とは存じますが
同展、及び弊社ブースへのご来場を心よりお待ちしております。

This entry was posted in 最新情報. Bookmark the permalink.