ファイル暗号化の必要性

ファイル単位の暗号化による安全性

ハードディスク暗号化や特定領域の暗号化など、様々なセキュリティ対策のソリューションがありますが、それらの製品だけでは全てのセキュリティ脅威へ対応することはできません。
ファイルを暗号化すれば、ファイルサーバからデスクトップへコピーしてもUSBメモリで持ち出しても暗号化は維持されます。

DRM/IRMによる操作制限

ファイルサーバを安全に運用する上で、Windowsのフォルダアクセス権は欠かせません。しかし機密情報ファイルを扱う上では、このフォルダアクセス権だけでは情報漏洩リスクへの対策には不十分です。
機密情報ファイルに対して利用者の操作制御を行うことで、内部関係者や外部企業などによる不正行為や不注意による情報漏洩を防ぐことができます。

あらゆるセキュリティ脅威への対応

ファイルを暗号化することで、外部の第三者が不正に内容を解読することはできません。そして、DRM/IRMによる操作制限を行うことで、内部関係者の手に渡ったとしても、情報漏洩に繋がる操作は禁止されます。
外部や内部に関わらず、機密情報ファイルが攻撃者に渡ったとしても、情報漏洩を防ぐことができます。