ファイル単位の暗号化による安全性

暗号化によるセキュリティ対策

暗号化された情報を読み取るには、暗号化を解除する「復号鍵」が必要になります。
機密情報を暗号化した場合、暗号化したシステムによって管理されている復号鍵を持つ人でないと読み取ることができず、それ以外の人はファイル内の情報を読み取ることはできません。

暗号化された情報を読み取るには、該当のシステムの認証などを経て復号鍵を取得することで、正当性を認められる必要があります。

ファイルへの暗号化

ファイル単体を暗号化すると、デスクトップやUSBメモリなどの別領域へコピーや移動などを行っても、ファイルは暗号化されたままとなります。
暗号化ファイルを読み取るには復号鍵が必要になるので、暗号化ファイル単体だけでは情報を読み取ることができません。

例え暗号化ファイルを外出先で紛失してしまったとしても、暗号化を解除する「復号鍵」が無い限り情報漏洩に繋がることはありません。