DRM/IRMによる操作制限

DRM/IRMについて

セキュリティへ対策するソリューションとして、DRM(Digital Rights Management)やIRM(Information Rights Managements)システムがあります。DRM/IRMは、ファイルなどの機密情報を暗号化した上で操作制限を行う、情報漏洩対策のシステムです。

業務で使用する機密情報などの文書ファイルのセキュリティ対策として、この「DRM/IRM」システムはとても効果的です。

操作権限の制御

DRM/IRMによって操作を制限した暗号化ファイルを扱う利用者は、情報漏洩に繋がる操作を禁止することができます。

内部不正による情報漏洩は、内部の事情に精通している関係者によるもののため、対策が非常に困難です。しかし、DRM/IRMを導入することによって、企業・組織内の機密情報ファイルを情報漏洩から守ることができます。