情報漏洩対策

ファイル暗号化

DataClasysが持つDRM/IRM機能によって、機密情報ファイルをあらゆるセキュリティ脅威から保護します。

ファイルの暗号化

機密情報ファイルを暗号化することで、ファイルの内容を不正に読み取ることができなくなり、情報漏洩から守ることができます。

さらに詳しく
操作制御

暗号化されたファイルの利用者には、職制に応じて権限が与えられ、情報漏洩に繋がる操作は禁止されます。

さらに詳しく
機密カテゴリ設定

機密情報の種類や機密レベルに応じた権限設定が可能で、あらゆる機密情報ファイルを適切に保護します。

さらに詳しく
共有フォルダの自動暗号化

ファイルサーバ上の共有フォルダ内のファイルに自動暗号化を行うことで、ファイルサーバからのファイル持出し対策ができます。

さらに詳しく

認証機能の強化

暗号化ファイルを利用するための認証機能を強化することで、機密情報の不正利用を防止します。

なりすまし制御

DataClasysではユーザ認証機能をさらに強固にすることで、不正な暗号化ファイルの利用を防止することができます。

さらに詳しく
USBドングルによる二要素認証

DataClasysのユーザ認証機能は、USBドングルと連携することがで、二要素認証を実現することができます。

さらに詳しく

前の記事

機能