機密カテゴリ設定

機密区分による管理

ファイルを重要度に応じて管理することが、ISMS(ISO/IES27001)、BS7799や行政文書の電子的管理などで求められています。「極秘」、「社外秘」、「取扱い注意」などといったファイルの機密性や重要度に応じた機密区分を設定し、ファイル単位やフォルダ単位での管理が可能なため、拡張子やアプリケーションに縛られることなく、本来守るべき情報資産を的確に管理できます。