利用者の利便性

変わらない業務効率

ファイルを暗号化しても日々の業務効率への影響はありません

変わらないファイル名とアイコン

ファイルを暗号化してもファイル名やアイコンは変わりません。これまで通りにファイルを利用することができます。

さらに詳しく
ユーザクライアントの自動起動

クライアントPCに導入したDataClasysユーザクライアントを自動的に起動することで、暗号化ファイルを意識せずに利用できます。

さらに詳しく

様々な用途への対応

日々のファイルを扱うあらゆる業務へ対応します。

オフライン機能

DataClasysサーバと通信ができない状況でも、暗号化ファイルを利用することができます。

さらに詳しく
パスワード付きzip化ツール

暗号化ファイルを専用のアプリケーションにドラッグ&ドロップすると、パスワード付きZIPファイルに変換します。

さらに詳しく
自動復号メールサーバ

DataClasysを導入していない外部企業へのメール送信時に、暗号化ファイルを自動復号します。

さらに詳しく