あらゆるアプリケーションに対応

暗号化ファイルを扱う方法

DataClasysはファイル単位で暗号化を行い、暗号化されたままファイルの閲覧や更新を行います。
広く使われているパスワード付きzipファイルは、パスワードを入力するとクライアントPC上に平文ファイルが保存されてしまいます。また秘文などに代表される暗号化製品は、ファイルサーバなどの指定された暗号化領域から取り出すと、平文ファイルとなってクライアントPC上にコピーされてしまいます。

DataClasysで暗号化されたファイルはファイルサーバから取り出しても暗号化された状態は維持され、明示的に復号操作をしない限り平文ファイルは生成されません。

あらゆるアプリケーションへの対応

通常、暗号化されたファイルを開こうとすると、アプリケーションは暗号化された内容を理解できずに破損ファイルとして扱われます。しかし、DataClasysユーザクライアントが起動していれば、アプリケーションを制御して正常に開くことが可能になります。

DataClasysはOSレベルで制御しているので、Windows上のほぼ全てのアプリケーションで暗号化ファイルを正常に利用することができます。