DataClasys アプリを問わずに暗号化 操作は変わらず漏洩防止

What's DataClasys?データクレシスとは?

DataClasys(データクレシス)とは、
高度なセキュリティと柔軟な運用性を両立した"国産"の暗号化(DRM)製品です。
様々な業界標準などに応じた柔軟なファイル管理を実現。
標的型攻撃や操作ミス、意図的漏洩などによる情報漏洩を最小限にとどめることができます。

Strong Pointデータクレシスの強み

暗号化製品DRMがなぜ必要なのか

働き方改革やクラウド利用などで便利になるに伴い、セキュリティ強化が求められています。
しかし高度化する脅威は、ディスク暗号化やデバイス制御など従来のセキュリティ製品だけでは防ぎ切れません。
DRM製品では、ファイルがどこに存在しようと常に権限管理されます。
万が一ファイルが流出しても、被害を最小限にとどめることに貢献できるのが暗号化DRM製品「DataClasys」です。

豊富な導入事例

DataClasysの導入実績が多い業種

DataClasysは、特に製造業や金融業、官公庁、教育機関のお客様に数多くの導入実績がございます。
それらのお客様に共通する導入ポイントをまとめました。

DataClasysのコアテクノロジー

「アプリを問わずに暗号化!操作は変わらず漏洩防止!」ができる理由

DataClasys(データクレシス)では、独自のWindowsのフィルタードライバとAPIの制御によるファイル操作制御によって、
暗号化ファイルを読み込む際に復号し、復号データをアプリケーションに渡します。
通常の操作で自動的に復号データがアプリケーションに渡されるので、暗号化ファイルのための特別な操作を必要としません。
復号ファイルを一時的に作成することなく、暗号化されたまま、通常のファイルと同じように利用することが可能で、情報セキュリティ上安全性の高いシステムです。

WindowsAPIを制御しほとんどのアプリの操作が可能

DataClasysサーバから取得した権限情報に基づき、
クリップボード出力・プリンタ出力・スクリーンショット・メール添付等の操作をWindows API を制御することにより実現しています。
アプリケーションに依存することなく実装されているため、ほとんどのアプリケーションの操作制御が可能です。
全てのファイル制御が、このAPIを通して行われるため、特定のアプリケーションやファイル形式に依存せず、
「アプリを問わずに暗号化!操作は変わらず漏洩防止!」を実現します。