変わらないファイル名とアイコン

暗号化後もショートカットやマクロは今まで通り利用可能

ファイル暗号化時に拡張子が変わってしまう製品の場合、今まで使っていたショートカットやマクロがリンク切れになり使えなくなってしまいます。DataClasysは暗号化しても拡張子が変わらないため、ショートカットやマクロから参照するファイルは暗号化後も今まで通り使うことができます。

またアイコンも左下に鍵アイコンが追加されるのみでほとんど変わらないため、暗号化した後も今まで使っていたファイルの所在を見失うことがありません。さらに、暗号化ファイルを開く際に一時的に生成された平文ファイルを参照する製品の場合、何らかの方法でその平文ファイルを抜き出される可能性がありますが、DataClasysでは暗号化ファイルを直接参照するため漏洩のリスクがありません。