ユーザクライアントの自動起動

自動起動の仕組みで利用者に意識させない運用

自動起動の仕組みを利用することで、各クライアントPCへのIDファイルの配布、設定変更などの初期作業、DataClasysユーザクライアント起動といった操作を自動的に実行します。
これらの処理は毎回のWindowsログイン時にバックグラウンドで実行されるので、利用者は処理中の画面を目にすることも無く、設定変更やIDファイルのパスワード入力などの手間も発生しません。
これに「ActiveDirectoryアカウント固定機能」と組合せることで、利用者はIDファイルや暗号化ファイルなどを意識することなく、且つ、より安全にDataClasysを利用することができます。