FIT2017 金融国際情報技術展にてDataClasysを出展いたします

※当イベントは終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

2017年10月26日(木)~2017年10月27日(金)東京国際フォーラムにて開催されます、『FIT2017 金融国際情報技術展』におきまして弊社は、ファイル暗号化製品「DataClasys(データクレシス)」を出展する運びとなりました。また、10月26日(木)セミナー会場『G502』において、セミナーも開催いたします。

DataClasysはファイル形式に依存せず、文書ファイルや画像、動画、各種2次元・3次元CADファイルを含めあらゆるファイルを暗号化したままの状態で、利用可能な製品です。そのため、不正プログラムや操作ミス等により機密ファイルが外部に渡ってしまったとしても第三者には解読することができません。また、各ファイル単位での暗号化や機密レベルの設定等、多彩な機能を搭載しているDataClasysは様々な運用形態に対して、柔軟に対応することが可能な点も特長の一つです。

個人情報から、貴重なノウハウのつまった設計図面ファイルまで、あらゆるファイルをDataClasysが守ります。

さらに、アララ株式会社のP-Pointerと連携することにより、P-Pointerで個人情報やマイナンバーを検出してDataClasysで暗号化するといった理想的な運用が可能となります。

今回、「P-Pointer File Security(ピーポインターファイルセキュリティ)」との連携デモンストレーションも御覧頂けます。

【展示会・セミナー詳細情報】

  • イベント : FIT2017 金融国際情報技術展
  • 開催日時 : 2017年10月26日(木)~2017年10月27日(金) 10:00 ‐ 18:00
  • 会場 : 東京国際フォーラム・ホールE・ホールB・ガラス棟(東京・有楽町)
  • ブース番号 : EA03-6
  • 主催 : 日本金融通信社(ニッキン)
  • 内容
    • DataClasys(データクレシス)の活用事例のご紹介
    • P-Pointer(ピーポインター)の連携事例のご紹介

【セミナー詳細】

※金融機関/金融機関系列会社の申込者のみ受講可能となっております。あらかじめ御了承ください。

  • セミナータイトル : 『情報漏洩対策の最後の砦 情報資産の暗号化』
  • 講師 川口信用金庫 : 国分 良孝様
  • セミナー開催日 : 2017年10月26日(木) 11:40~12:40
  • セミナー会場 : G502
  • 受講申込 : http://fit.nikkin.co.jp/seminar.html
    ※『金融機関/金融機関系列会社の方』を選択してください
システム部門に携わる皆さんは、自社の情報資産の漏洩対策について、本当は良く知りたいけれども、いろいろと複雑すぎて実は自信が持てない部分ありませんか。

配置転換などで、自分自身が構築に加わらずに、前任から引き継いだシステムが多い中、部下の報告や当初の設定書などだけで、本当に理解できますか。

昨今のサイバー犯罪などは、手口が巧妙で、対策が困難であり、侵入を前提に対策を立て、対応組織を持つのが当たり前となっております。

もし、うちの会社が、侵入されていたら……。

不幸にも情報資産が漏洩した場合、企業の受ける負のインパクトは絶大です。

暗号化は最後の砦です。

当金庫における暗号化対策導入の経緯や、導入後の運用状況などを、実体験をもとに皆様と共有できたら……、そのような想いでおります。

※一般企業の方の入場には入場券が必要となります。ご希望の方は、弊社までご連絡ください。
※金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。

ご多忙中とは存じますが同展、及び弊社ブースへのご来場を心よりお待ちしております。