第3回 関西情報セキュリティEXPO展にてDataClasysを出展します

※当イベントは終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

2019年1月23日(水) ~ 25日(金)インテックス大阪にて開催されます。
「第3回 関西情報セキュリティEXPO」におきまして弊社は、ファイル暗号化製品「DataClasys(データクレシス)」を出展いたします。

DataClasysは文書ファイルはもとより、画像や動画・CADファイルなどあらゆるファイルを暗号化したままご利用いただける製品です。そのため、不正プログラムや操作ミス等により機密ファイルが外部に渡ってしまったとしても第三者には解読することができません。

また、各ファイル単位での暗号化や機密レベルの設定等、多彩な機能を搭載しているDataClasysは様々な運用形態に対して、柔軟に対応することが可能な点も特長の一つです。

個人情報から、貴重なノウハウのつまった設計図面ファイルまで、あらゆるファイルをDataClasysが守ります。

【DataClasysで実現できること】

  • 昨今騒がれている“標的型攻撃”への対策
  • 海外拠点や外注先にも、漏洩の心配なく重要ファイルを利用
  • ファイル別に部署や役職での操作制御
  • 「GDPR」への対策


※御来場には招待券が必要となります。お気軽にご連絡ください!

展示会名第3回 関西情報セキュリティEXPO
開催日2019年1月23日(水) ~ 25日(金)10:00 ‐ 18:00
※最終日のみ17:00終了
会場/ブース番号インテックス大阪/
3号館11-7
主催リードエグジビションジャパン株式会社
ブース位置DataClasys(データクレシス)の活用事例のご紹介
P-Pointer(ピーポインター)の活用事例のご紹介