【FIT2019 金融国際情報技術展】東北ろうきん様の事例セミナーとブース出展を行います


※当イベントは終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

2019年10月24日(木)~2019年10月25日(金)東京国際フォーラムにて開催されます、『FIT2019 金融国際情報技術展』におきまして弊社は、ファイル暗号化製品「DataClasys(データクレシス)」を出展する運びとなりました。
また、10月24日(木)10:30~より、セミナー会場『G502-01』において、セミナーも開催いたします。

DataClasysはファイル形式に依存せず、文書ファイルや画像、動画、各種2次元・3次元CADファイルを含めあらゆるファイルを暗号化したままの状態で、利用可能な製品です。そのため、不正プログラムや操作ミス等により機密ファイルが外部に渡ってしまったとしても第三者には解読することができません。

「重要データのハッキングに備えたい」・・・
「DB上の個人情報流出を防ぎたい」・・・
「基盤更改時のテスト用実データを安全に扱いたい」・・・
「仮想環境下の標的型攻撃に対応したい」・・・
こういった課題にDataClasysが御社の情報を守ります。

さらに、アララ株式会社のP-Pointerと連携することにより、P-Pointerで個人情報やマイナンバーを検出してDataClasysで暗号化するといった理想的な運用が可能となります。 今回、「P-Pointer File Security(ピーポインターファイルセキュリティ)」との連携デモンストレーションも御覧頂けます。 当社ブースでは上記の他、様々な導入事例をご紹介させていただく予定です。

※一般企業の方の入場には入場券が必要となります。ご希望の方は、弊社までご連絡ください。
※金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。

展示会名FIT2019 金融国際情報技術展
開催日2019年10月24日(木)~2019年10月25日(金)
10:00~18:00
会場
ブース番号
東京国際フォーラム・ホールE・ホールB・ガラス棟(東京・有楽町)
ブース番号:EB17
主催日本金融通信社(ニッキン)
出展内容・DataClasys(データクレシス)の活用事例のご紹介
・P-Pointer(ピーポインター)の連携事例のご紹介
セミナー概要■セミナータイトル
『個人情報を検出し暗号化、東北労働金庫導入事例のご紹介』


■講師
東北労働金庫
融資部
長川 翔子様

■講師
東北労働金庫
業務部
髙橋 一真 様

株式会社DataClasys
営業本部 アライアンス営業部
小林 眞楠

■セミナー開催日
2019年10月24日(木) 10:30~11:30

■セミナー会場
G502-01
講演内容これまで東北労働金庫では、サイバー攻撃への対応として入口・出口対策を中心に対策を行ってきました。ただ、これら対策方法でも完璧に防御することは現段階では保証されていません。個人情報を含むデータが流出した場合の防御策として、ファイル暗号化システムのDataClasys(データクレシス)を導入し保存文書ファイルを暗号化、さらにPC上の暗号化されていない個人情報を減らす目的で、個人情報検出・管理ソリューションのP-Pointer File Security(ピーポインター ファイルセキュリティ)を導入しました。本セミナーでは、東北労働金庫での実際の活用事例を中心に紹介します。