あらゆるセキュリティ脅威への対応

様々なセキュリティ脅威

IT技術の進歩と共にサイバー攻撃の手法が巧妙化し、一方で内部関係者による不正行為も発生する中、企業・組織には非常に高度なセキュリティ対策が求められています。

そのため、運用が困難な業務ルールや幾つものセキュリティシステムを導入するなど、セキュリティ対策に終わりが見えない状況が続く中、本質的なセキュリティ対策が求められています。

ファイルが漏洩しても安全なセキュリティ対策

DRM/IRMシステムによる情報漏洩対策は、あらゆるセキュリティ脅威から機密情報を保護することができます。

例えば暗号化された機密情報ファイルが外部に漏洩した場合、暗号化を解除する「復号鍵」を持たない部外者は内容を読み取ることができません。そして操作制限によって情報漏洩に繋がる操作が禁止されていれば、内部関係者の不正行為も防ぐことができます。

DRM/IRMによる機密情報ファイルの情報漏洩対策は、あらゆるセキュリティ脅威に対応できる本質的なアプローチと考えています。