フレキシブルで低負荷な運用性

職制による権限設定

暗号化ファイルへの権限設定は、利用者の職制に応じた設定を行います。同じ暗号化ファイルであっても、部署や職位などによって操作の制限を変えることによって、業務への影響をなくしつつセキュリティを高めることができます。

Active Directoryとの連携

AccountSyncを利用することで、Active Directory内のユーザ情報をDataClasysに取り込むことができます。ユーザ情報をActive DirectoryとDataClasysで二重管理する必要なく、システムの運用工数を削減できます。