職制による権限設定

職制によって異なる操作権限

同じ一つのファイルであっても、利用者の部署や職位などの職制によって、取り扱い方が異なります。例えば、ある部署の営業成績をまとめた資料であれば、営業部長には資料の作成や編集、会議での配布資料を作成する印刷など様々な作業をしますが、営業部の一般社員は基本的に閲覧のみとなります。

漏洩時の影響が大きい機密情報ファイルの情報漏洩を対策するには、利用者の職制によって異なる操作権限を与えることが必要と考えており、それによって内部不正などの対策が難しい情報漏洩を防止することができます。

人事異動などの人の入れ替わりに強い権限設定

ほぼ全ての組織には、異動や入退社など、人の入れ替わりがあります。個人に与えられた役割も、組織内の人の入れ替わりによって変化していきます。

機密文書に対する権限を職制でなく個人に与えた場合、人の入れ替わりが発生するたびに権限を振り直す作業が発生します。この権限を振り直す作業は時に大掛かりな作業となり、設定ミスによって間違えた権限を割り振ってしまうなどのセキュリティリスクが起こる場合も考えられます。

DataClasysでは、そうした人の入れ替わりが発生しても権限の振り直しが必要ないよう、職制情報によって権限設定が管理されています。