文書種類に応じたセキュリティ設定

機密情報の分類について

組織には様々な機密情報が存在し、それらを効率よく管理する必要があります。それには「極秘」「社外秘」などの機密レベルや「個人情報」「製品情報」といった種類などの切り口で機密情報を分類し、分類ごとに漏洩リスクや漏洩時の影響範囲の想定、セキュリティ対策を検討する必要があります。

複数の機密カテゴリの設定

DataClasysでは「機密カテゴリ」を複数作成し、それぞれの機密カテゴリごとに適切な権限設定を行うことができます。機密ファイルを該当の機密カテゴリで暗号化することで、機密情報の分類に応じて適切に情報を漏洩から保護することができます。