オフライン環境での暗号化ファイルの利用

「オフライン機能」による社外での暗号化ファイルの利用

DataClasysのオフライン機能を利用することで、利用者はサーバと通信せずに暗号化ファイルの利用が可能です。このオフライン機能を利用している状態でも、暗号化ファイルは特殊なアプリケーションは必要なく、権限設定で許可されていれば更新や印刷などの操作も可能です。

機密情報ファイルをDataClasysで暗号化することで、社外でも安全に利用することができます。

テレワーク環境やサプライチェーンの構築

ネットワークの盗聴、PCやUSBメモリが盗難されてしまい、暗号化ファイルが漏洩したとしても、DataClasysで認証を受けていない限り、ファイルから情報を読み取ることができないために情報漏洩することはありません。
これによって、出張やテレワークなどで機密情報を安全に持ち出すことができます。

そして設計情報などの機密情報ファイルを渡した外部企業から、ファイルが漏洩することを気にする必要がないため、オフショアやサプライチェーンの構築を安全に進めることができます。