box

テレワークがいよいよ本格的な普及期に入り、Web会議ツールの他、社内外での情報共有にBox等のクラウドストレージを利用する機会が増えています。
クラウドストレージはどこからでもファイルを共有し利用できる利便性がある反面、故意の漏洩、不正アクセス、共有リンク通知の誤送信など、情報漏洩のリスクも少なくありません。また、一度ダウンロードされてしまうと、個々のファイル自体は暗号化されていないので、部外者に悪用される危険性があります。
DataClasysは、Boxを既に使用している、またはこれから利用を計画されている方々に向けて、法人向けクラウドストレージサービス「Box」との連携オプションを提供、ファイル自体を暗号化をすることで、「Box」のより安全な利用を実現します。
※「Box」との連携オプションはBox社よりエコシステムソリューションとして認定を受けていますので、APIコール数による追加課金なしでご利用いただけます。

>>Box エコソリューションシステムの情報はこちら<<

BoxにアップロードされたファイルはBoxの暗号化機能で保護されますが、ダウンロードされたファイルは保護の対象になりません。 DataClasysと連携オプションを利用すると、Boxからダウンロードしたファイルは自動的に暗号化されるので、万が一ファイルが流出しても読み取られる心配がありません。より安心・安全なファイルの共有・持ち出しを実現し、社外(取引先)とのやり取りやテレワーク等における情報漏洩を防止します。
また、暗号化されたファイルをBoxにアップロードすると自動復号されるので、Boxの機能を損なうことがありません。
※本オプションのご利用にはDataClasysの導入が必要となります。

前の記事

セキュアSAMBA

次の記事

BizXaaS Office