職責・立場ごとのメリット

経営層へのメリット

情報漏洩が発生すると多額の賠償金や企業イメージのダウンに繋がり、企業価値を落としかねない非常に大きな脅威です。その一方で、セキュリティ対策は生産性の低下や新たなコストが発生するのではないかという懸念があり、二の足を踏みがちになります。

しかしDataClasysによるセキュリティ対策は、あらゆる情報漏洩のリスクへ対策を行い、安全なビジネス拡大につなげることもできます。セキュリティ対策への投資は、守りの投資としてだけではなく、攻めの投資とすることもできます。

情報システム部門へのメリット

情報システム部門が持つあらゆるセキュリティの課題へDataClasysは対応できます。専任のエンジニアがコンサルテーションから導入や運用開始まで丁寧に対応させていただきます。

DataClasysによる運用開始後も、保守契約に基づいてメーカ保守を受けることができるので、お気軽にお問合せ頂くことができます。

利用者部門へのメリット

セキュリティ対策は使い勝手が変わってしまい、業務効率が悪くなるイメージがあります。DataClasysによるセキュリティ対策は、見た目や操作方法に影響をあたえないので、対策前と業務効率が落ちることはありません。
巧妙化しつつあるサイバー攻撃によって知らぬ間に自分自身が加害者になっていることや、内部不正によって作成した重要データが競合他社に渡ってしまうこともあります。DataClasysはこのような情報漏洩への不安を取り払うことができます。