DataClasys社がスターティアレイズ社と6月10日にオンラインセミナー開催

テレワークはサイバー攻撃の標的にされている!
昨年比150%の情報セキュリティ脅威への対策手法とは?

暗号化システム「DataClasys(データクレシス)」を製造・販売する株式会社DataClasys(本社:東京都千代田区、代表取締役:曽我祐二郎、以下DataClasys)は、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」を提供するスターティアレイズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:古川征且)と共催でオンラインセミナーを開催いたします。

本セミナーでは、テレワークで使えるITツールとして急激に利用が増えている「ファイル共有ツール」と、情報漏洩対策をすることでテレワークの業務制限を最小限にできる「暗号化ツール」の組み合わせで、情報漏洩リスクを抑えられる活用方法について解説します。

こんな方におすすめ!

・テレワークを導入したけど情報漏洩に不安を持っている方
・個人情報や技術情報など機密性の高いファイルをクラウドで安全に利用したい方

このセミナーでわかること

・テレワークにおける情報漏洩に関する最新動向と暗号化ツールによる対策
・テレワークでも生産性を維持、向上できるファイル共有ツールの運用方法
・少ない費用でテレワークの情報セキュリティ対策を強化する手法

開催概要

開催日時2020年6月10日(水)14:00~15:30
14:05~14:40 第一部講演
「テレワークによる事業継続対応と生産性向上をファイル共有ツール【セキュアSAMBA】
で実現!」
14:40~15:20 第二部講演
「セキュアSAMBA上のファイルをDataClasysが暗号化、ファイルの安全な共有を実現します!」
受講料無料
開催形式オンライン
>>詳細・お申込みはこちら<<
※スターティアレイズ株式会社のセミナー申込みページへ移動します
主催スターティアレイズ株式会社/DataClasys株式会社