DataClasys・ラネクシー共同セミナー ログ管理ツールによる証跡管理と暗号化を組み合わせた強固な情報漏洩対策の方法をご紹介

ファイル暗号化システム「DataClasys(データクレシス)」を製造・販売する株式会社DataClasys(本社:東京都千代田区、代表取締役:曽我祐二郎、以下DataClasys)は、ログ管理ツール「MylogStar」を提供する株式会社ラネクシー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小瀬 充)と共同でオンラインセミナーを開催いたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止を受け、企業においてはテレワークの導入が急務となりました。しかし、急を要したからこそ、テレワークに潜むリスクや課題を抱えたまま実施に踏み切るケースが少なくありません。

本セミナーでは、「暗号化ツール」と「ログ管理ツール」の組み合わせにより、テレワークの課題の中でも特に重要なものとして挙げられる「セキュリティ対策」と「労務管理」の実現についての解決策をご紹介いたします。

【こんな方におススメです!】

  • テレワークを導入したけど情報漏洩に不安を持っている方
  • テレワークをしている社員の業務状況を把握したい管理者の方

【このセミナーでわかること】

  • テレワークにおける情報漏洩に関する最新動向
  • ログ管理ツールと暗号化ツールによる多層的な情報漏洩対策

開催概要

タイトルログ管理ツールによる証跡管理と暗号化を組み合わせた強固な情報漏洩対策の方法をご紹介
日時2020年8月6日(木)14:00~15:00
会場ZoomによるWebセミナー
主催株式会社DataCLasys
協賛株式会社ラネクシー
受講料無料
※競合製品取り扱い企業様の申込についてはお断りする場合がありますので予めご了承ください。

参加方法

本セミナーは、ZoomによるWebセミナー(WebでのLive配信)です。インターネットに接続できるPC、もしくはスマートフォン・タブレット端末があれば、どこからでも気軽にご参加いただけます。お申込時のメールアドレス宛に、別途視聴方法をご案内いたします。
※開催前日までに案内が届かない場合は、恐れ入りますがお問い合わせください。

セッション内容

第一部講演(14:00~14:30)

「テレワークを狙う攻撃が急増、ファイル暗号化による流出前提のセキュリティ対策とは」

テレワークの普及が進む一方、同時に検討するべきセキュリティ対策の一つに暗号化が推奨されています。
しかし、ユーザの利便性についての懸念や適切な運用・維持管理の方法がわからないなど、暗号化システムの導入に壁を感じている企業様も多いようです。
本パートではあらゆるデータを暗号化管理できるファイル暗号化システムDataClasys、テレワークにおけるファイル暗号化の有効性や運用イメージをご紹介します。
講師:株式会社DataClasys営業本部アライアンス営業部 津村遼

第二部講演(14:30~15:00)

「テレワークにおけるログ管理の重要性」

働き方のスタンダードとなってきているテレワーク。
労務管理、セキュリティ面等からログ管理の重要性が高まっています。
他社製品では取得が難しいログも取得できるMylogStar、テレワーク時のログ管理の方法をご紹介します。
講師:株式会社ラネクシー 第2ソフトウェア事業部 営業部 榎本恭介

※都合により内容・時間が変更される場合がございます。予めご了承ください。

セミナーは終了しました。