様々なセキュリティ脅威への対策

標的型攻撃への対策

標的型攻撃で使われる攻撃手法は巧妙化し、大きな組織ぐるみで攻撃を仕掛けるケースも見られます。中には長い期間の間、情報を窃取されているにも関わらず、攻撃に気が付かない場合もあり、対策が非常に難しいセキュリティリスクです。DataClasysは標的型攻撃の対策として非常に効果的です。

内部不正による情報漏洩への対策

内部関係者が不正に機密情報を持ち出す事件が2000年代から見られ、大きな事件として世の中の話題となることもありました。攻撃を受けた企業は、競争力の低下など大きなダメージを受けるため、何としても避けなければいけません。DataClasysであれば、対策が難しい内部不正に対しても有効です。

盗難や紛失による情報漏洩への対策

機密情報ファイルがコピーされたノートPCやUSBメモリなどが、盗難や紛失によって、情報漏洩してしまう事件事故があります。盗難や紛失してしまっても、機密情報ファイルがDataClasysで暗号化されていれば、ファイル内の情報を守ることができます。

誤操作による情報漏洩への対策

利用者の不注意による機密情報ファイルの漏洩事故を多く耳にします。これは今後、テレワーク業務が進むにつれ、統制が行き届いていない環境での発生が心配されます。誰でも起こり得てしまう不注意の事故に対しても、DataClasysは効果的に働きます。