機密情報ファイル持出し対策

社外へ持ち出した機密情報ファイルの利用

ノートPCにプロジェクトの打合せ資料をコピーして取引先に外出する場合や、テレワークなどの在宅業務で使用するファイルをUSBメモリにコピーして自宅に持ち帰る場合など、必要に迫られて機密情報を持ち出さざるを得ないケースは日常の中で多く発生します。

そういった中、外出先でのノートPCやUSBメモリの盗難紛失による情報漏洩が心配されます。そして機密情報ファイルを持ち出すことができてしまう社内環境が、内部不正による情報漏洩犯罪の温床となるケースもあります。機密情報ファイルを持ち出すことで、大きなセキュリティリスクが発生します。

このようなセキュリティリスクの対策として、業務ルールを策定し運用していく必要があります。しかし業務ルールの周知や徹底した運用が困難なために管理が行き届かず、情報漏洩事件が多く発生しています。

効果的な持ち出し時の情報漏洩対策

DataClasysは社外であっても機密情報ファイルを安全に利用し、情報漏洩を防ぐことができます。

DataClasysのオフライン機能を使用すると、DataClasysサーバとの通信を必要とせずに暗号化ファイルを利用できます。オフラインの利用期間も設定できるので、長期間暗号化ファイルを持ち出したまま使い続けることを禁止することもできます。

オフライン利用時の暗号化ファイルの操作権限をオンライン利用時とは別に設定することもできるため、社外へ暗号化ファイルを持ち出して利用する時に限定して、印刷などの情報漏洩に繋がる操作を禁止することができ、内部関係者による故意の情報漏洩にも対策することができます。

DataClasysには、暗号化ファイルを社外に持ち出した状態であっても、安全に利用することができます。