セキュアなテレワーク環境の構築

テレワーク環境の必要性

2019年に厚生労働省が「働き方改革」を発表してから、柔軟な勤務体系が組織に求められるようになりました。そして2020年4月に新型コロナウイルス感染対策として緊急事態宣言が発令され、テレワーク環境の整備が社会的に強く求められるようになりました。
このテレワークの社会的な需要は今後も継続するものと考えられており、多くの組織がテレワークを平時の勤務に取り入れていくものと思われます。

テレワーク時に発生するセキュリティ脅威

しかしテレワークは、組織が統制を取っているPCや環境でなく、様々なクライアントPCやネットワークや環境から業務を行うので、以下に挙げられる様々なセキュリティ脅威が潜んでいます。

  • 機密情報をコピーしたUSBメモリやノートPCなどのデバイスの紛失や盗難
  • テレワークで使用した家族との共有PCのウイルス感染による機密ファイルの漏洩
  • カフェなどの公衆ネットワークの盗聴
  • テレワーク先での印刷などによる漏洩

また監視も難しく、漏洩の発覚が遅れるケースも考えられます。

ファイル暗号化によるテレワークのセキュリティ対策

このようなテレワークのセキュリティ対策として、DataClasysはとても効果的です。
機密ファイルを暗号化することで、紛失や盗難などによりファイル自体が漏洩したとしても、ファイルを不正に利用することはできません。
また暗号化ファイルに対して権限管理もでき、印刷権限などを制御することで印刷物などの他の媒体による漏洩を防ぐことができます。