盗難や紛失による情報漏洩への対策

盗難や紛失による情報漏洩について

ノートPCの軽量化やタブレット端末の登場に伴い、機密情報ファイルを社外へ持ち出しやすくなりました。外出先で打合せやプレゼンのために、機密情報ファイルを持ち出すことも日常的にあります。またUSBメモリや外付けハードディスクなどに機密情報ファイルをコピーして自宅のPCで作業をしたり、社内の他のPCにコピーして作業を行うこともあります。

このような機密ファイルをコピーして持ち出したデバイスが盗難されたりや紛失してしまう情報漏洩の事件事故が、多数報告されています。

この事件事故が発生する場面としては、宴会などのお酒が入る場面での紛失や置き忘れ、ひったくりや車上荒らしなどによる盗難、外出先や移動中の置き引きなどが挙げられます。また社内に限定して利用しているUSBメモリやノートPCであっても、管理不足や運用ルールの不徹底が原因で紛失するケースもあります。

ファイル暗号化による盗難や紛失への対策

ノートPCやタブレット端末、USBメモリなどにコピーされているファイルがDataClasysで暗号化されていれば、たとえ盗難や紛失に遭いファイルが漏洩したとしても、暗号化ファイルを不正に解読することができないためにファイルを読み取ることができずに情報漏洩に繋がることはありません。